永久脱毛に行って正解

私は、小学2年生の頃から毛深いことを気にしていました。夏、制服が半袖になると、腕の毛が嫌でハサミでチョキチョキしていたことを今でも覚えています。

そして中学生になってからは、夏がくる度憂鬱でした。特にプールの授業のある日の前日は、首がおかしくなります。というのも脇の下とビキニラインのムダ毛をせっせと毛抜きで抜くからです。途方もないですし、誰にも見つからないように、こっそり部屋でするのも疲れます。脇の下を毛抜きで1本1本抜くのは、どれだけ骨の折れる作業か。

特に右の脇の下は、利き手ではない左手で毛抜きを扱うため、やりにくいことと言ったら。抜くときの痛みはありません。しかし、繰り返し抜いていたおかげで、一つの毛穴から信じられないくらいの本数の毛が生えてきたり、毛が太くなっていたり、毛穴が黒くなっていたりしました。

遂に、意を決して脇の下と膝から下の永久脱毛をしました。こんなにお手軽に永久脱毛できるものだったんですね。しかも、脱毛後こんなに楽だなんて信じられません。もうせっせと、こそこそと見せらせない態勢で毛を抜かなくてもいいんです。もっと早くに脱毛すればよかったと思っています。

いまは低年齢から脱毛が出来ます。ミュゼでも小学生でも脱毛が出来ます。いい時代になりました。